Category Archives: トピックス

072月/19

空き家を民泊やカフェで再生

 福島第一原発事故の影響で避難を余儀なくされた地域がありました。その避難指示が解除され、空き家や倉庫を使って民泊やカフェ、イベントなどに活用する動きが盛んになっているそうです。2019年2月2日付『毎日新聞』夕刊(東京本社版)社会面で報じています。

 記事によると、稲作体験イベントやゲストハウス、カフェなどに活用されているそうです。使われるのは民家だけではありません。倉庫や保育所だった建物も転用されています。空いていたからこそ何にでも使えるわけで、ここが知恵の出しどころかもしれません。使われることで地域の活性化に一役買うこともできます。放置しておくのが最も残念な使い方と言っていいでしょうね。

1211月/18

古民家が注目を集めている

 空き家だった古民家への注目度が高まってます。この潮流は当面続くでしょう。なぜなら、若い世代が中心の動きだからです。高度経済成長の時代を生きた世代と異なり、今の時代はワークライフバランスを重視します。「仕事一筋」とか「24時間闘う」という価値観ではなく、仕事も大事だけど私生活も大切だという考え方と生き方です。このような考え方と生き方をする人はもっと増えていくでしょう。

 右肩上がりの時代は終わり、仕事と個人の時間のバランスを意識して個人の時間を豊かにすごそうという価値観は、地方の空き家を改装して暮らすという動きにつながっているに違いありません。

 これまで地方で空き家だった家屋には魅力のあるものが多く、リフォームして暮らしたいと今の若い世代は思うわけです。リフォーウなら費用が安く済むのも魅力です。

 ということは、です。いま空き家をお持ちの場合、少なくとも最低限の維持管理をしておくべきだということです。古民家として再生されれば大切な家が何らかの形で残るわけですから。

 雨漏りや水漏れ、シロアリ、不審者など、空き家を襲う“敵”はたくさんあります。その対策をせめて毎月1回はしておくべきなのです。空き家の維持管理をすることはご近所への配慮にもつながりますから、やらないで放置する理由はありません。
 

0911月/18

 空き家や古民家が人気を集めてきているようです。テレビを見ているとそういう特集がありました。

 外国人が増えています。入管法が改正されますから、今後ますます外国人が日本にやってくるでしょう。そんな外国人向けに空き家や古民家をリフォームしたりして住まいとして提供する外国人の不動産屋がテレビで紹介されていたのです。

 日本はいま人手不足と言われています。外国人の手を借りなければ産業が回らなくなっているのです。実際大都会のコンビニでは外国人がアルバイトをしている光景が普通になっています。広島はまだそこまで行っていないようですが、いずれ外国人の力を借りなければ回らなくなるのは間違いありません。

 そんな外国人向けの住まいとして空き家や古民家をリフォームして提供されているのです。

 ということはどんな意味を持つか、です。

 空き家を放置してはいけないということです。賃貸に出すことができる可能性が高くなってきますから、空き家を放置するのではなく、まずは最低限の管理をしておくべきなのです。

 日本の空き家の増加について所有者や自治体が頭を悩ませてきました。しかし日本で働く外国人の増加を考えると、活用の道が見えてきたと言っていいのです。当たり前ではありますが、家屋は放置するとどんどん傷みます。その傷みを止めることから始めることをお勧めします。

 

0910月/18

 20年前に比べて空き家が倍増したという記事が出ていました。2017年12月3日付の『毎日新聞』(東京本社版)です。

 特に一戸建てが多く、「社会問題化している」と記事は指摘します。空き家の問題は深刻です。記事では
・地震などの災害での倒壊
・火災
・犯罪に悪用される
 の3つを挙げていますが、「犯罪に悪用される」というのは刑務所からの逃走犯が空き家を“活用”していたので、すでに起きているわけです。

 従来の空き家情報は各地の自治体に任されていたのですが、それでは一覧性や網羅性に欠けるということで、国土交通省は新たに「全国版空き家・空き地バンク」を構築しています。空き家情報を一元管理するわけです。

 そうすることで、空き家の売買が促される可能性があります。古民家カフェなどが人気を集めていますから、空き家になってもきちんと管理しておくことで売却の可能性があるのです。

 国も空き家の流動化(売買)を進めていますから、その流動化に乗るためにはふだんの維持管理が重要です。いくら古民家が人気だと言っても朽ち果てたりかび臭かったり木材が腐ったりした一軒家に魅力を感じる人はめったにいないでしょうから。

095月/18

受刑者の脱走事件と空き家

 愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者が脱走しましたが広島市南区の路上で身柄を確保されました。逃走から22日ぶりに身柄を押さえたわけで、市民はもとより、警察も刑務所もほっとしたことでしょう。

 今回の逃走で問題になったのが空き家でした。因島に空き家がとても多くて警察は回りきれない、潜伏していそうな空き家があっても警察が所有者に無断で入ることができない、逆に言えば逃走者にとって空き家はありがたいということです。

 今回は脱走事件があったので注目されましたが、脱走者ではない人が空き家に勝手に入っている可能性があることを世の中の人たちは気づいたに違いありません。空き家が治安を不安定にしてしまうという問題が明確になったのです。

 空き家の問題を見て見ぬ振りをする場合ではないことが分かりました。所有者にとっては「放置しようとどうしようと私の勝手だ」と言って済ませる時代ではなくなってきたと言えます。

 近隣の治安のためにも、空き家の所有者はせめて月に1回の管理をするべきではないでしょうか。自分でできないなら、近所の人にカギを預けて謝礼を払って管理をお願いするとか、空き家管理業者に任せるとか、何らかの対策を実行すべきときが来ているのです。

 地域の安全のために空き家を放置しない。空き家の所有者の義務と言っても大げさではないかもしれませんね。

085月/17

空き家を倉庫として使う場合

空き家に荷物がいっぱい。まるで倉庫。こんな使い方(?)をしている人が意外に少なくないかもしれません。空き家ですから置き放題というわけです。いま住んでいる住まいに置くことができなくなったもので、とりあえず今は必要ない、でも捨てるのはもったいない、ということで、空き家に置く。

便利ですよね。しかし、空き家を倉庫代わりに使っていいのでしょうか。

答えは、条件付きで「はい」。

定期的な巡回や見回り、維持管理をしている空き家なら、倉庫として使うのもありでしょう。どういうことかと言いますと、空気の入れ換えをしているかどうか、なのです。定期的に空気を入れ換えないと、ほこりが床に積もったり、家の中に湿気がたまったり、空気がよどんだりして、家屋だけではなく、置いてある物にも悪影響を及ぼします。

人が手入れをしていない部屋はカビが漂い、そんな部屋に入ると、かび臭いニオイがして、くしゃみが止まらなくなるということがあります。そんな部屋を倉庫として使い、維持管理の努力をしないまま放置すると、カビが漂い、物も劣化していくことになります。

広島県は夏は高温多湿。維持管理をしないと劣化は進む一方です。

244月/17

空き家利用の改正法成立

自治体が空き家などを登録して、所得が高くない子育て世帯や高齢者に住まいを安く提供するという改正法が国会で成立しました。

この背景にあるのは、老朽化している全国の公営住宅をどうするかという問題と所得が低い人の住まいを解決するためにどうするかという問題、全国的に増える一方の空き家をどうすればいいかという問題があります。この3つの問題をまとめて解決するために考えられた制度です。

空き家であれば何でも自治体が登録するわけではありません。耐震性などが求められますし、朽ち果てた空き家の登録は難しいでしょう。

しかし、空き家のリフォーム費用や家賃などの一部に補助金が出ることになりますので、かなり積極的な空き家の有効活用が始まります。

公営住宅を建て直すより空き家を活用するほうが経済的にもいいという判断を国が下したわけで、これから空き家の利用が促されていくことになります。

となれば、ますます重要なのが空き家の巡回見回り維持管理です。空き家を普段からきれいにしておくことが第一歩です。借りる側から見れば、きれいな家の方がいいですよね。

広島県内にも空き家が数多くありますが、巡回見回り維持管理を専門業者に依頼してメンテナンスを怠らない所有者はまだまだ少ないのが現状です。これを機に専門業者に任せることをお勧めします。

184月/17

シェアハウスや民泊としての活用

広島県内でも増えている空き家。空き家だからこそ定期的な巡回見回り維持管が重要であることをこのサイトで言い続けてきましたが、『週刊SPA!』3月14日号は空き家の“活用法”を書いています。

何でも、都内の雑居ビルの空き室をシェアハウスにしたり民泊にしたりしているという話です。「それならごく普通のことでしょ」と思うかもしれませんが、実はこれ、雑居ビルの所有者に無断で勝手に“活用”しているのです。お客さんは主に中国人だそうですが、これで月額200万円の収入。とはいえ、無断で使っているのですから犯罪行為です。

なぜこんな“活用”ができるのかというと、
(1)雑居ビルの所有者が無関心
(2)巡回見回り維持管理をしていないからバレない
(3)需要がある
ということですね。

東京だけに通用する“活用”法ではないでしょう。県都広島市は人口100万人を抱えています。観光客も大勢来ます。こんな広島ならシェアハウスとしても民泊としても活用できないわけがないのです。

空き家を「負の財産」と見るのではなく、お金を生み出す「正の財産」と見ることで、活用法がいろいろと浮かんでくるのではないでしょうか。

114月/17

広島県の空き家を活用するために所有者が頭に入れておくべき基本情報

『週刊エコノミスト』4月4日号は「ハウジングプア」と題する特集を組みました。表紙には首都圏の空き家予備軍ランキングとしてワースト1位から3位の自治体名を挙げています。

注目すべきは「都道府県別の戸建て空き家予備軍」の表(31ページ)でしょう。「地方都市で、高齢化率と比べて戸建ての空き家予備軍の割合が多い都道府県」と「全国平均よりも、高齢化率が高く、かつ戸建ての空き家予備軍の割合も多い都道府県」、「大都市圏で、高齢化率に比べて戸建ての空き家予備軍の割合が多い都道府県」を抽出していて、広島県は最初の「地方都市で、高齢化率と比べて戸建ての空き家予備軍の割合が多い都道府県」に入っています。

この特集では空き家の現状についての解説や分析が中心ですが、空き家を住宅困窮者の住まいに活用する「住宅セーフティネット」が紹介されています。バリアフリーや耐震化をする際の融資を国は考えていくことになりそうです。

だとしたら、広島県内に空き家を持つ所有者はそういう動きを見据えながら維持管理をしていくといいでしょう。空き家の活用が日本全体で始まった時にすぐに対応できるよう、日々の巡回見回りや維持管理は欠かせません。もちろん自分でやるのが一番いいのですが、自分でできない場合は専門業者に任せることが大事です。 

201月/17

空き家のご近所さんにごあいさつを

空き家の所有者は空き家の周辺のご近所さんにごあいさつしているでしょうか。「ご近所さんとお付き合いがあったのは親の代だから」とか「私は全く縁がない土地だから」という理由で、ごあいさつしていない人が案外多いのではないかなと推測します。

これ、どうなんでしょうね。逆の立場で考えてみてほしいところです。あなたがご近所さんで、隣に空き家がある、と。その空き家の所有者がごあいさつに来てくれたことがあって、顔も分かっているというケース。もう1つはあいさつもない、顔も分からないというケース。どちらがいい印象でしょうか。

言うまでもなく前者ですよね。人間、やっぱり顔を見ることが基本です。所有者がどんな人か知っているというだけで安心感があります。

空き家の所有者ではなく、維持管理(見守り)を請け負っている専門業者があいさつに来て、連絡先が分かっていて、というケースでも安心感は生まれます。

こうして考えると、空き家問題は「家」という「物」の問題ではなく、「人」の問題なのかもしれません。空き家の所有者の顔が見えないからご近所さんは不安を抱く。でも、所有者や維持管理業者の顔が見えればご近所さんは安心感を抱く。そういうものではないでしょうか。

広島県内で空き家を持っている所有者のみなさん、いかがですか?