呉市の空き家所有者向けチラシ(その2)

空き家が増えることに危機感を抱いている呉市。空き家所有者向けチラシの最後で「空き家管理代行業者の活用」を勧めています。

標準的な業務として、
・通風換気
・外観確認
・雨漏り確認
・庭木や雑草の確認
・郵便物の回収転送
・簡易清掃
などを挙げています。

確かにこの通りですが、実は現場はもう少しあるべきです。例えば「確認」だけではなく、応急処置ができるほうがいいですよね。問題があるのに「確認」したからということで、現場を離れるのはどうかと思います。

弊社の場合、リフォームなどで一軒家もマンションも手がけていますから、住まいの構造は分かっています。何か問題が見えたら、原因を考え、解決策を考え、実行するのは難しいことではないのです。だから弊社にお任せください、と言っているのではありません。

空き家の管理は浅くも深くもできるのです。依頼側はどんな管理を求めるのか、空き家管理代行業者はどんな管理を引き受けることができるのか、というところまできちんと一致させておくべきでしょう。これがズレるとトラブルの元になりかねないからです。

呉市は風光明媚な街です。空き家を1軒でも減らして、空き家を1軒でも管理して、よりよい街を後世に引き継ぎたいと願っています。