空き家や古民家が人気を集めてきているようです。テレビを見ているとそういう特集がありました。

 外国人が増えています。入管法が改正されますから、今後ますます外国人が日本にやってくるでしょう。そんな外国人向けに空き家や古民家をリフォームしたりして住まいとして提供する外国人の不動産屋がテレビで紹介されていたのです。

 日本はいま人手不足と言われています。外国人の手を借りなければ産業が回らなくなっているのです。実際大都会のコンビニでは外国人がアルバイトをしている光景が普通になっています。広島はまだそこまで行っていないようですが、いずれ外国人の力を借りなければ回らなくなるのは間違いありません。

 そんな外国人向けの住まいとして空き家や古民家をリフォームして提供されているのです。

 ということはどんな意味を持つか、です。

 空き家を放置してはいけないということです。賃貸に出すことができる可能性が高くなってきますから、空き家を放置するのではなく、まずは最低限の管理をしておくべきなのです。

 日本の空き家の増加について所有者や自治体が頭を悩ませてきました。しかし日本で働く外国人の増加を考えると、活用の道が見えてきたと言っていいのです。当たり前ではありますが、家屋は放置するとどんどん傷みます。その傷みを止めることから始めることをお勧めします。