空き家を民泊やカフェで再生

 福島第一原発事故の影響で避難を余儀なくされた地域がありました。その避難指示が解除され、空き家や倉庫を使って民泊やカフェ、イベントなどに活用する動きが盛んになっているそうです。2019年2月2日付『毎日新聞』夕刊(東京本社版)社会面で報じています。

 記事によると、稲作体験イベントやゲストハウス、カフェなどに活用されているそうです。使われるのは民家だけではありません。倉庫や保育所だった建物も転用されています。空いていたからこそ何にでも使えるわけで、ここが知恵の出しどころかもしれません。使われることで地域の活性化に一役買うこともできます。放置しておくのが最も残念な使い方と言っていいでしょうね。