空き家管理に対する私たちの思い

私たちが管理をお引き受けしている空き家の多くがお客様の実家です。生まれ育った実家は、広島から離れるほどに懐かしさが募るものです。室生犀星が「ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの」とうたったように、ふるさとを離れるとなおさら懐かしく思い出すものです。

事実、「実家を壊すのは簡単ですが、思い出まで消えてしまいそうで」という理由で実家を取り壊さず、弊社にお任せくださるお客様がいらっしゃいます。

空き家は単なる物理的な物ではありません。その家で生まれ育った人たちの思いや歴史が積み重なった大切な場所なのです。

実家が空き家になっていたとしても、そこには思い出がいっぱい詰まっています。私たちがお客様の空き家を大切に管理するのは、お客様のふるさとへの思いや歴史、実家への思いを大切に守ることでもあります。

私たちの業務は「空き家管理」ではありません。「お客様の思いや歴史を大切にすること」です。

こんな気持ちで私たちは業務をしています。